ミカルディスという高血圧の患者さんに処方されている薬をご存知ですか?高血圧だけではなく、糖尿病の改善や腎臓障害を持っている人にも効果があるとされている薬です。こんな特徴をもちながらも、もちろん、副作用は派生する可能性があるとされています。ミカルディスという薬の効果を副作用を見ていきましょう。

高血圧治療薬のアダラートについて理解する

アダラートは高血治療薬で心臓や血管などが収縮する原因であるカルシウムイオンの細胞への流入を阻止することにより、冠血管を拡張し全末梢血管抵抗をダウンすることで抗高血圧作用や抗狭心症作用などを現します。
通常高血圧症や狭心症の治療に利用されていて、高血圧や狭心症などに処方される降圧剤で成分名はニフェジピンです。
アダラートにはジェネリック医薬品があり、各メーカーからいろいろな種類がリリースされています。
血糖や尿酸・脂質などに影響しないので安心・安全に年齢を問わず幅広い世代の人が服用することが可能です。

特に合併症の多い高齢の人に適していて、予後改善効果や長生き効果なども認められています。
服用方法としてニフェジピンは1回10mgを1日3回に分けて経口服用します。
症状に応じて適宜増減することができ、おだやかな降圧効果があります。

主な副作用として頭痛や頭重感、顔面潮紅や顔のほてり、動悸や便秘などがあるでしょう。
人によっては浮腫や頻脈、黄疸や胸部痛、上腹部痛や発疹などもあります。
かゆみや光線過敏症、紫斑や歯肉肥厚、貧血や女性化乳房などの報告もあり、このような症状に気づいたら医師に相談すると良いでしょう。
アダラートは飲み合わせに注意する薬がいくつかあり、飲み合わせによって副作用が出やすくなるので注意が必要です。
飲酒は控える方が良く、アルコールはめまいや動悸といった副作用を強めることになります。

グレープフルーツジュースは飲まないようにし、血中濃度が上昇するので副作用が出る可能性があります。
インターネットには最近いろいろな薬剤サイトがあるので、比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。
薬剤サイトを比較検討することによって料金を抑えて注文することができます。
ジェネリック医薬品なども含めると幅広い種類の薬剤がリリースされているので、自分の症状に合った薬剤を購入することができたり備えとして利用すると便利です。

アダラートの降圧効果がおだやか

アダラートの主成分であるニフェジピンの降圧効果が強く、即効性があります。
すぐにでも高血圧を改善したい時には服用してから30分以内に効果が期待できます。
その分、持続時間が短く5時間程度しか持ちません。そこで持続時間を長くしたアダラートLが開発されました。

服用方法は成人であれば1回に1錠から2錠を1日に2回水と一緒に飲みます。
ただし、症状によって量や回数を調整します。
服用後から30分から1時間と効果が出るまでの時間が少しおだやかになります。作用時間は12時間ほどまで延びます。
そのため何度も服用する必要がないので便利です。このように効果が長いことを持効性と言います。

ニフェジピンのような持効性とされる高血圧用の薬で長期間の臨床試験を行った結果、予後改善効果が認められています。
予後改善効果とは服用した後で薬の効果が切れても状態が良くなると言うものです。長生き効果とも言われています。
高血圧の治療に使われる薬ですが、体全身の血流を良くする効果があるため脳や腎臓、手足や目の網膜などそのほかの病気についても使われることがあります。
利尿薬では血糖や尿酸の上昇が見られることがありますが、ニフェジピンはその心配がありません。安心して服用することができます。

高血圧になっている間は血管に負担がかかっています。アダラートを服用しても高血圧を直接治療することはできません。
服用後の降圧効果によって血圧を下げる働きしかありません。
そのため、血圧が高くならない状態を少しでも長くすることで血管への負担を軽減することができ、その間に生活習慣を見直して改善することで高血圧を治療します。
そのため効果が穏やかで持続することは大変重要なことです。