ミカルディスという高血圧の患者さんに処方されている薬をご存知ですか?高血圧だけではなく、糖尿病の改善や腎臓障害を持っている人にも効果があるとされている薬です。こんな特徴をもちながらも、もちろん、副作用は派生する可能性があるとされています。ミカルディスという薬の効果を副作用を見ていきましょう。

高血圧治療薬のオルメテックの効果と副作用

高血圧の治療は、日常生活の改善指導が第一です。
しかしこれで血圧が下がらない場合や診察の結果で高リスク群とされた場合には降圧薬による治療が行われます。
降圧薬にはいくつかの種類があります。
それはカルシウム拮抗薬、アルジオテンシンII受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、ベータ遮断薬です。
オルメテックはアルジオテンシンII受容体拮抗薬になります。

オルメテックは一般名をオルメサルタンという第一三共の高血圧用の治療薬です。
アルジオテンシンII受容体拮抗薬はカルシウム拮抗薬に次いで広く使われています。
オルメテックはアルジオテンシンIIが血管や副腎に作用するところを遮断します。
その結果、血管が拡張されると共に、副腎から分泌されて腎臓にナトリウムの吸収を促進させて循環血液量を増やすアルドステロンというホルモンの分泌を抑制するので、血圧を下げる作用があります。

オルメテックの大きな特徴は、全体的に効き目がゆるやかで副作用が少ないことです。
すぐに効いてくるわけではありませんが、降圧度は充分にあります。
また腎臓に対しての保護機能が強いので、CKDや糖尿病がある場合には第一選択薬となります。
ただし、妊娠の可能性のある女性、妊娠中や授乳中の女性、重症の腎障害で血中カリウム濃度が高い人には投薬出来ません。

オルメテックは第一三共にとってヒット商品です。
アルジオテンシンII受容体拮抗薬は新しい薬であり、またジェネリック薬品がないので薬価が高く他の薬の2倍にもなっていました。
ところが第一三共はオルメテックの普通錠の10mg・20mg・40mgを販売中止して、この含有量では水なしで飲めるOD錠のみを販売する事にしました。
また一番含有量の少ない5mg錠については普通錠を残してOD錠は生産しない方針です。
結果的に、第一三共ではオルメテックをサイズごとに普通錠またはOD錠のどちらのラインナップだけに一本化しています。

オルメサルタンが販売中止になった理由

オルメテックがOD錠にシフトして一部を除く普通錠を販売中止としましたが、同じ高血圧の薬であるオルメサルタンも同じことが言えます。
第一三共は諸般の事情によりオルメテックの販売を中止したとして明らかな理由を公表していません。
オルメサルタンも理由が明らかにされていないことは同じです。

そのため、販売中止については何を言っても推測の域を出ることはありません。
その中で最も有料と言われているのがジェネリックの解禁です。薬は特許が切れることで同じようなものを作ることができるようになります。
それがジェネリックと呼ばれる有効性も副作用も変わらない医薬品です。研究費や開発費がかかっていない分、格安で製造することができます。
そのため処方することで得られる薬価が低く抑えられることがメリットです。保険制度が困窮化している現在ではそのような安価な薬の発売が望まれています。

薬を開発するためには莫大な費用がかかります。その費用は薬価として患者への負担となります。
そのため新薬として発売した薬の薬価は高額です。
製薬会社にとっては、多くの競争相手が増えることと薬価で高いことで競争力が低下することなどが大きな問題になります。
あまり販売されない医薬品の製造を続けることは負担になります。
今回の販売中止については、このような競争の激化に巻き込まれないように一部製品を整理してある程度の競争力を維持する考えがあったのではないかと言うことです。

利用者にとっても効き目が変わらないなら安い方が良いに決まっています。
オルメサルタンのようによく処方されるような医薬品なら多くの会社が参入することになります。
不利な状況で製造を続けることは困難であり、利益を求める企業としては当然の決断と言えます。