ミカルディスという高血圧の患者さんに処方されている薬をご存知ですか?高血圧だけではなく、糖尿病の改善や腎臓障害を持っている人にも効果があるとされている薬です。こんな特徴をもちながらも、もちろん、副作用は派生する可能性があるとされています。ミカルディスという薬の効果を副作用を見ていきましょう。

高血圧治療薬のノルバスクについて知る

ノルバスクは高血圧治療薬や狭心症治療薬で、アムロジピンベジル酸塩という成分でカルシウム拮抗薬に分類される薬です。
安全性が高く重い副作用がほとんどなく、標準的な高血圧向け治療薬として利用されています。
効果に安定感がある持効タイプとしてよく利用されていて、ノルバスクは容量とタイプによっていろいろな種類があり成人の場合は2.5~5mgを1日1回服用し、6歳以上の小児の場合2.5mgを1日1回服用します。
効果が不十分な場合は10mgまで増量することが可能で、小児は5mgまで増量することが可能です。
ほとんどの人は2.5mgや5mgを服用すると良いでしょう。

ノルバスクは処方箋薬になっていて、薬局やドラッグストアでは売っていません。
日本では医師の診断を受けから処方箋を書いてもらうようになります。
ノルバスクはカルシウム拮抗薬で細胞へのカルシウム流入を減らすことがによって、冠血管や末梢血管などを弛緩させ血圧を下げたり狭心症といった発作を起こりにくくすることが可能です。
高血圧症や狭心症の治療に昔から使用されていて人気があります。

主な副作用として顔のほてりや熱感・顔面潮紅などがあります。
めまいやふらつき、頭痛や頭重、動悸や浮腫などの症状もあるでしょう。
発疹やかゆみ、じんましんや血管炎、血管浮腫などがあり、何かしら異変に気づいたら医師に相談することをおすすめします。
高齢者が服用する場合、血中濃度が高くなったり血中濃度半減期が長めになる傾向があるので、低用量からら投与をスタートするなど観察しながら慎重に服用すると良いでしょう。

グレープフルーツジュースと一緒に飲むのは避けた方が良くグレープフルーツに含まれている成分がノルバスクの代謝を阻害し、血中濃度が上昇するケースがあるので注意が必要です。
インターネットを利用すると薬剤サイトがいろいろあるので、リーズナブルな価格で購入することができ備えとして常備することができます。

ノルバスクをグレープフルーツジュース飲むのは危険

高血圧治療薬をグレープフルーツジュースで飲むと重篤な副作用が起こるらしいというのは一般的にもよく知られています。
すべての系統の降圧剤と相性が悪いのではなくグレープフルーツとの同時摂取が不可とされているのはカルシウム拮抗薬に属する薬です。
とは言え他の病気の治療薬の中にもグレープフルーツの影響を受ける種類があるため、基本的に医薬品は水かぬるめの白湯で服用するほうが安心です。

カルシウム拮抗薬はグレープフルーツと一緒に摂ることで薬効が強くなり過ぎて必要以上の血圧低下が起こったり心拍数が増えて動悸やめまい、顔のほてりや頭痛といった副作用に見舞われます。
グレープフルーツに含まれているフラノクマリン類という成分が、カルシウム拮抗薬が体内に吸収され小腸などで分解される過程で作用する酵素の働きを阻害してしまいます。
薬効の吸収量が増加して血中濃度が高くなることで薬の効き過ぎによる副作用が出やすくなってしまいます。
カルシウム拮抗薬を先に服用したのち3時間ほど経過すると薬効が吸収されるためグレープフルーツを摂っても大丈夫とも言われます。
グレープフルーツの阻害作用はかなり長く続くことから、その後長時間にわたってカルシウム拮抗薬の服用ができなくなります。

グレープフルーツの影響は数日間残り続けるという研究報告もあり、基本的にカルシウム拮抗薬服用期間中はグレープフルーツの摂取は控えた方が無難です。
少量でも影響があるためグレープフルーツジュースをほんの一口と言うのも避けるべきで、スウィーティーやはっさく、いよかん等も不可で、温州みかんやオレンジ、レモンは大丈夫とされています。
カルシウム拮抗薬の中でもノルバスクの有効成分アムロジピンはグレープフルーツの影響をそれほど強く受けないタイプとされますが、他のカルシウム拮抗薬同様に一緒の摂取は不可とされています。
数ある降圧剤の中でも副作用の心配が少なく持効タイプで狭心症の発作予防にも役立つノルバスクをさらに安全に服用するには、グレープフルーツ以外でもジュースやお茶などで飲み下すことは避けるべきです。
全般的に薬の副作用が起こりやすい高齢者が服用する際は、周囲が注意することも大切です。